記事一覧

ブレゲ マリーン クロノグラフ 5527 5527BB/Y2/BW0人気要素をそろえて刷新

“クラシック”がクラシックだというのは定説だ。

ブレゲは先日、自社の最も伝統的でよく知られたドレスウォッチのひとつ、マリーン クロノグラフ 5527 5527BB/Y2/BW0の新バージョンを発表した。18Kホワイトゴールドと18Kローズゴールドがあり、直近でブレゲがこの時計を手直しした2020年のものにわずかな美観の微調整が施されているが、新モデルの全体的な外観や技術仕様は、この時計の長い歴史に沿ったものである。

2022年 ブレゲ新作偽物マリーン クロノグラフ 5527 5527BB/Y2/BW0

マリーン クロノグラフ 5527
Ref:5527BB/Y2/BW0
ケース径:42.30mm
ケース厚:13.85mm
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性:10気圧(100m)
ストラップ:18Kホワイトゴールド
ムーブメント:自動巻、Cal.582QA、48時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、28石
仕様:時・分・秒・日付表示、ケースバンドにフルート装飾、サファイア・ケースバック(透明裏蓋)、ブルー仕上げの18Kゴールドダイアル(手彫りギヨシェ模様)、蓄光のローマ数字のチャプターリングとドットインデックス、3時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計、9時位置にスモールセコンド、4時-5時位置に日付表示、ファセットを加えたゴールド製蓄光ブレゲ針、海洋コードからデザインを着想したセンタークロノグラフ針、個別番号とBreguetのサイン入り

マリーン クロノグラフ 5527 5527BB/Y2/BW0は、ブレゲにおいて長い歴史を有する。デザインの直系祖先は、アブラアン-ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)が最高級の懐中スーパーコピー時計にさまざまな複雑機構の表示を配置するため、中心からずらしたディスプレイを最初に試し始めた19世紀初頭まで遡ることができる。特に1823年5月12日にM・トーマス・ハウリー(M. Thomas Hawley)という名の顧客に売られ、現在ではパリのブレゲ・ミュージアムで見られるクォーターリピーター機構付き懐中時計 No.3833が、現在の7337シリーズに見られる独特のダイヤルレイアウトの元祖だと考えられている。