記事一覧

【2022年 新作】A.ランゲ&ゾーネ初となるチタン製ケースとブレスレットを採用した「オデュッセウス」の限定モデルを発表

A.ランゲ&ゾーネは、ウォッチズ&ワンダーズ 2022で、ブランド初となるチタン製ケースとブレスレットを採用した「オデュッセウス」の限定モデルを発表した。ケース直径は40.5mm、厚さ11.1mmでステンレスモデルと同等であり、軽量なチタンの採用によって評価の高い着用感はさらに高められていることだろう。今作はブティックのみの取り扱いで限定250本である。

上質な仕上げを与えたブランド初のチタンモデル

「オデュッセウス」は、A.ランゲ&ゾーネ初のステンレススティール製スポーティーモデルとして2019年に発表されたコレクションである。ドレスウォッチを得意としてきた同ブランドにとって、オデュッセウスはチャレンジングなモデルであったが、良質な外観だけでなく、使い心地に配慮された操作系としなやかなブレスレットによって、その完成度は高く評価されている。

そして22年の新たなチャレンジとして、オデュッセウスはチタン製ケースとブレスレットを身にまとった。同ブランドの"決して立ち止まらない"信条を体現したモデルであると言えるだろう。ケース直径は40.5mm、厚さ11.1mmでステンレスモデルと同等である。また、ねじ込み式リュウズも従来モデルと同様に採用されて試験圧12バールに耐える防水性能を備える。ブレスレットもステンレススティールモデルと同様に、微調整機構を内蔵したエクステンションバックルを備える。

チタンはステンレススティールよりも約43%軽量であるため、既に評価を集めている装着感は、さらに高くなっていることが期待できる。またチタンの表面は、光沢仕上げ、マット仕上げ、ブラシ仕上げが使い分けられており、光の反射によってさまざまな表情を持つものとなっている。

従来モデルと同様に、複数パーツが組み合わされた立体感にあふれるダイアルデザインは、新色のアイスブルーカラーに仕立てられた。また、ステンレスモデルでは同心円、18Kホワイトゴールドモデルではダイアル中心から放射状の凹凸が与えられていた時リングの装飾は、本作では繊細なギョーシェ彫りの溝がゆるやかな弧を描いてインデックスに伸びるデザインが与えられている。この有機的な揺らぎのある独特な曲線は、この特別な本作に刻まれた銘となることだろう。

ムーブメントは、従来モデル同様に、オデュッセウス用に設計されたキャリバーL155.1 DATOMATICを搭載し、パワーリザーブは約50時間、3時位置にアウトサイズデイト、6時位置にスモールセコンド、9時位置に曜日表示を備える。また、ブラックロディウム加工を施したプラチナ950製分銅付センターローターを備え、A.ランゲ&ゾーネの最高品質基準に準拠した入念な仕上げが施されたムーブメントは、トランスパレント仕様のケースバックから鑑賞可能である。

今作はブティックのみの取り扱いで限定250本である。


【関連記事】:スーパーコピー買ってみた(ブログ)

触れているだけで気分が満たされる時計

近年のブライトリングが掲げる独自のモダンレトロを表現した新しいナビタイマーは、まさにオールターゲット。使う人を選ばない、モダンで万能なパイロットウォッチが誕生した。

「所有したことはないのですが、計器を思わせる緻密なクロノグラフをもつナビタイマーなど、ブライトリングは男性的で非常に魅力的なブランドという印象をもっていました。時計に詳しくなくても、手に取ってみると質感の高さがリアルにわかりますね。触れているだけで気分が満たされるから不思議です」

所有するだけで豊かな気持ちになる。そんなときに錦戸は“贅沢”を感じるのだという。それは彼が旅する理由とも重なるようだ。

「プライベートな旅は、あえて目的を決めないことが多いです。ただ、そこにある風景や自然を心から楽しむようにゆっくり時間を過ごす。何もしないという贅沢がそこにある気がします。キレイな海辺に座ってただ本を読む。お気に入りのアイテムが側にあればもう完璧です」

ブライトリング ナビタイマー1 B01 クロノグラフ43 A022B-1NP

カテゴリ ブライトリング ナビタイマー(新品)
型番 A022B-1NP
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブラック/シルバー
外装特徴 回転ベゼル
シースルーバック
ケースサイズ 43.0mm
機能 クロノグラフ
デイト表示
2018年発表のブライトリングの看板モデル「ナビタイマー」に自社製クロノグラフムーブメントのB01を搭載したマイナーチェンジモデルの【ナビタイマー1 B01 クロノグラフ43】。

ブライトリングの伝統ともいえる回転計算尺は引き続き装備したプロフェッショナルパイロットウォッチです。
文字盤12時位置のメーカーロゴがシンプルな『B』へと変更されています。
また、赤いクロノグラフ秒針もヴィンテージモデルを髣髴とさせ、ブライトリングならではのスタイルを際立たせています。
裏蓋はシースルーバック仕様となっていますのでCOSC認定のクロノメーターキャリバーB01の動きもお楽しみ頂けます。

俳優としての新しい挑戦

錦戸にとって進行形の“旅”が、海外での映画撮影だ。2022年秋にはパトリック・ディキンソン監督による日英合作映画『Cottontail』が公開予定だ。撮影は日本とイギリスで行われた。これまでの俳優業とは異なる貴重な経験を得たと振り返る。

「俳優として現場に臨むとき、役作りに固執しないのが自分流です。相手があることですから、自分のイメージだけで決め込んだ演技プランは邪魔になることが少なくありません。確かに今回は海外撮影ということで、多少の環境の違いはありました。しかしやることはいつもと変わりません」

伝統を守りながらも変化を恐れないブライトリングの姿勢は、錦戸の生き方にも重なって見える。アイコニックな時計をモダンにアップデートした新しいナビタイマーに錦戸は何を感じたのだろうか。

「黒文字盤とブレスレットを組み合わせたモデルは強い輝きが印象的で、奥行きのある光沢感もあってシルバーアクセサリーのようです。でも今の自分には、落ち着きを感じるゴールドのケースが気分かもしれません。僕の好きな日常の時間のひとつに、早起きをした朝のひと時があるんです。タイマーを掛けて起きるというものではなく、時々ふと朝6時くらいに目が覚めることがあって……。普段出来ない部屋の片づけをはじめたり、なんだか充実した気分になれるんです。そんな場面にゴールドケースのモデルがマッチするように思います。二度寝してしまうこともあるんですが、それがまた非常に心地良くて(笑)」

時刻を確認する道具はスマートフォンがあれば十分かもしれない。錦戸はそれでもやっぱり時計は欠かせないアイテムだと強調する。

「良い時計は心を豊かにします。時計は持つ人の趣味やセンスをさりげなく伝える役目を担うものです。そういう意味で本格時計を1本もっておくことは大切なことかも知れません。であるなら、歴史のある確かなブランドから選びたい。もちろん機能性も大事なポイントです。ライブの時、MCに充てる時間が非常に短いとご意見をいただくこともあって……(笑)。しっかり時計で時間を確認しつつ、MCも含めて観客が納得するパフォーマンスを披露していきたいと思っています」


【関連記事】:ankopiブランド スーパーコピー優良サイト

タグ・ホイヤー アクアレーサー 40mmにソーラーモデルが登場

これなら電池交換の必要なしだ。

タグホイヤー コピーが、40mmのアクアレーサーを提供していくことに変わりはないが、新作はひねりが加えられている。本機の名前は、アクアレーサー・ソーラーグラフだ。そのとおり、1月のLVMH Watch Week 2022で発表されたアクアレーサー プロフェッショナル200のソーラー駆動版である。ソーラーグラフは、ブラックDLCコーティングが施されたスティール製ケースを採用。アクアレーサー プロフェッショナル200と同じ、コンパスのエングレービングが施されたクローズドケースバックを備えているのが特徴だ。

文字盤はおなじみのホリゾンタルラインが入ったデザインだが、よく見ると半透明になっており、太陽光を透過してムーブメントにパワーを与えられるようになっている。日付窓の位置が6時位置から3時位置へ変更されるなど、文字盤上の見た目の違いが確認できる。これは間違いなく新型ムーブメントへの移行によるものだ。

タグ・ホイヤー コネクテッド ゴルフ(2022年モデル) SBG8A82.EB0206

Ref. SBG8A82.EB0206
ムーブメント バッテリー
容量:430mAh
持続時間:約1日(1時間のスポーツセッション含む)
充電時間:1.5時間で100%まで充電
素材 ケース:チタン サンドブラスト加工

ベゼル:固定式ベゼル セラミック

ブレスレット:ラバー(ホワイト、ブラック、グリーン)

バックル:フォールディングバックル プッシュボタン - サンドブラスト加工 チタングレード2
ケース径 45mm

このソーラー充電のムーブメントは、タグ・ホイヤーとラ・ショー・ド・フォンにあるラ・ジュー・ペレ社のパートナーシップによるもの。その結果、誕生したのが再充電が可能で電池交換が不要なTH50-00を搭載したこの時計というわけだ。タグ・ホイヤーによれば、ムーブメントは2分間の直射日光を当てるだけで、丸1日時計を駆動させることが可能だという。さらに、一度フル充電すれば、日照時間が20時間未満でも6ヵ月間動作し、一度動かなっても10秒程度の露光で再び動くようになる。さらに、リューズを引き出すとパワーセーブモードが作動し、3年半ほど駆動時間を延長することも可能だ。

また、文字盤とベゼルにはスーパールミノバが施され、岩の隆起をイメージしたユニークなデザインとなっている。この時計にはブレスレットはないが、タグ・ホイヤーの特徴であるツイントリガークラスプを備えた一体型ラバーストラップが装着されている。新しいアクアレーサー・ソーラーグラフは、2022年10月から発売される予定だ。


【関連記事】:最も手頃なレプリカブランドの専門店